診療内容

伊勢佐木町・黄金町・吉野町・関内の歯医者は阪東橋歯科クリニック|診療内容

一般歯科

一般歯科

「歯が痛い」「冷たいものがしみる」などの症状はございませんか?
そんな症状を感じた場合は、むし歯の可能性があります。
歯に違和感を覚えても放置してしまう方が多くいらっしゃいますが、むし歯は放置すればするほどどんどん悪化していきます。治療が手遅れになってしまうと、最悪の場合は歯を失ってしまう可能性もあります。
少しでもお早めの治療を心がけることで、治療を最小限に抑えることができます。気になる症状がありましたら、お早めにご相談ください。

むし歯を放置しておくと…?

むし歯を放置していると、痛みを感じなくなってくることがあります。しかし「痛くなくなったから大丈夫」という判断はとても危険です。
むし歯は次第に重症化していき、歯を支えている骨にまで悪影響を及ぼすことがあります。
そのため、むし歯は放置すればするほど治療期間や治療費用の負担も増えてしまいます。少しでも楽に治療を済ませるためにも、お早めの治療がおすすめです。

その症状は知覚過敏かもしれません

その症状は知覚過敏かもしれません

「むし歯はないのに冷たいものがしみる」そんなときは「知覚過敏」かもしれません。
知覚過敏は、歯の表面のエナメル質が削られ、その下にある象牙質が露出し、神経への刺激が強く伝わってしまう状態です。
むし歯と知覚過敏の違いは、ご自身ではなかなか区別ができません。気になる症状がございましたら一度ご相談ください。

症状に合わせたオーダーメイドの治療

まずはお口の現状をしっかりと把握し、お一人おひとりの症状に合わせた治療をご提案させていただきます。
治療案は複数ご用意し、患者様にご納得いただいてから適切な治療をすすめてまいりますのでご安心ください。

  • 軽度のむし歯
    軽度のむし歯歯の表面にあるエナメル質がむし歯に侵されています。
  • 中度のむし歯
    中度のむし歯象牙質までむし歯が進んだ状態です。
  • 重度のむし歯
    重度のむし歯歯の神経近くまでむし歯が進行しています。
  • 最重度のむし歯
    最重度のむし歯歯全体がむし歯に侵され、根の先や根の周りにも影響がでています。

小児歯科

小児歯科

乳歯は永久歯に比べて抵抗力が弱いためむし歯になりやすく、むし歯になってしまった場合にも進行が早いため注意が必要です。
また、乳歯のむし歯は放置しておくと永久歯の生え方にも悪影響を及ぼすことがあります。
「乳歯は抜けてしまうから」とお子様のむし歯を甘く見ず、普段からお子様の歯の変化に気を配ってあげましょう。

阪東橋歯科クリニック
小児歯科安心ポイント

歯医者さんを怖がるお子様も安心

歯医者さんを怖がるお子様も安心

お子様は歯医者さんに「怖い」「痛い」というイメージを持っていることがほとんどです。当院ではそんなお子様にも安心して治療を受けていただけるよう、初めての治療では遊び感覚で治療器具に触ったり、スタッフと楽しくお話しをするなど雰囲気に慣れてもらうところから始めます。
急ぎの治療が必要なとき以外は、いきなり治療をすることはしませんのでご安心ください。

専門ドクターによる治療計画

専門ドクターによる治療計画

永久歯が生え揃うまでの大切な準備期間に、しっかりとした歯の治療・咬み合わせの確認などを行い、専門ドクター複数人で治療計画を立てていきます。
永久歯への影響などを考えながら、安心・安全の治療をご提案させていただきます。

キッズスペースを完備

キッズスペースを完備

院内にはキッズスペースをご用意しています。お子様は待ち時間に遊びながらお待ちいただけるので、治療前の緊張をほぐすことができ、退屈な待ち時間もたのしくお過ごしいただけます。お母様やご兄弟の診療中にもぜひご利用ください。

お子様のむし歯予防処置ご紹介

フッ素塗布

フッ素塗布

むし歯菌が作り出す酸に対抗できる歯にします。
むし歯になりかけた部分の自然修復(再石灰化)を助けることができます。

シーラント

シーラント

溝が深く汚れや歯石のたまりやすい奥歯を、歯科用のプラスチック(シーラント)で溝埋めします。汚れがたまりにくく、お手入れがしやすくなり衛生的です。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

お子様の歯の状態に合わせて、正しいブラッシングの仕方をご指導させていただきます。
親御さんには、お子様の歯ブラシの選び方や仕上げ磨きをアドバイスいたします。

過剰歯の抜歯

過剰歯の抜歯

過剰歯とは、通常の本数よりも多く歯が生えてくる状態を指します。
過剰歯はむし歯になりやすい環境を作ったり、歯並びを乱す原因となるため抜歯が必要になることがほとんどです。

予防歯科

予防歯科

むし歯や歯周病をしっかりと治療しても、口腔内が元通りになることはありません。歯周組織は治療によるダメージを受けている為、削れば削るほど歯の寿命は短くなります。
健康な歯を守り、むし歯や歯周病を予防することでご自身の歯を永く保つことにつながります。当院では定期健診やPMTCを行うことで、歯の健康管理を徹底してまいります。

予防歯科のメリット

むし歯・歯周病を未然に防ぐ
予防ケアを定期的に行ったり定期健診で歯の状態を確かめることで、むし歯・歯周病を未然に防ぐことができます。
普段のセルフケアでは落としきれない汚れを歯科医院での予防ケアで落とすことは非常に有効な予防方法です。
通院期間・費用が少なくて済む
むし歯や歯周病にかかってしまった場合、数回の通院が必要になることがほとんどです。
通院回数が増えることで、それだけ治療費もかかります。
年に数回、定期的に予防歯科を受診することでむし歯や歯周病を予防できれば結果的に医療費の節約にも繋がります。
症状や治療による痛みの軽減
定期健診を受けることによって、もしもむし歯や歯周病になってしまった場合でも初期の段階で治療を始められます。
早期発見で痛みも少なく、治療も最小限に抑えられます。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

PMTCでは、お口のプロである歯科衛生士によるプロフェッショナルクリーニングです。毎日のブラッシングだけでは落としきれない汚れや着色を、専門器具を用いて清掃します。

PMTCの流れ

1.歯石の除去
歯石(歯垢が固まったもの)の付着が見られた場合は、スケーラーという専用の器具を使って歯石を細部まで取り除きます。
2.研磨
専用の器具を使ってフッ化物入り研磨ペーストを注入、または塗布し、歯を1本1本丁寧に磨いていきます。
3.フッ素塗布
むし歯を予防する効果のある専用のジェル(フッ素配合)を使って、歯と歯の間や表面を1本ずつ丁寧に磨きます。
4.ホームケアアドバイス
どうすればむし歯を予防できるのかというお話と、正しい歯の磨き方をご指導します。

歯周病

歯周病

日本の成人の約8割がかかっているといわれる歯周病は、歯を失う原因第一位でもあるお口の病気です。
歯周病になると、細菌が歯と歯ぐきに入り込んで炎症を起こします。悪化すると歯の支えとなる顎の骨まで溶かされてしまうため、最悪の場合は歯が抜け落ちてしまうこともあります。
歯周病は「サイレントディシーズ(沈黙の病気)」とも呼ばれ、初期症状がほとんどないことが特徴です。少しでも違和感を覚えたら、なるべくお早めの受診を心がけましょう。

日本歯周病学会による歯周病治療ガイドラインに沿っての歯周病治療を行います。

歯周病が全身に与える影響

歯周病はお口の中の問題だけではありません。歯周病菌が口腔内から血管や気管に入り込むと、全身を巡って様々な疾患を引き起こすという研究結果が出ているのです。

  • 脳卒中
  • 肺炎
  • 心臓病
  • 糖尿病
  • 低体重児出産・早産

歯周病治療方法のご紹介

ブラッシング指導

ブラッシング指導

はじめに、根本的な原因である歯垢(プラーク)を正しいブラッシングで取り除きます。
歯垢はどれだけ歯科医院で綺麗に除去しても、すぐに付着して増えるため、毎日のブラッシングがとても重要です。

スケーリング

スケーリング

「スケーラー」と呼ばれる器具を用いて歯石を取ります。歯石の表面はザラザラしているため、歯垢が付きやすく、落ちにくくもなります。そのため歯石を定期的に除去し、歯垢が付きにくい状況を保つことが大切です。

ルートプレーニング

ルートプレーニング

歯根に付着した歯石や感染したセメント質をスケーラーで削り取り、歯根の表面を綺麗にしていきます。
歯根に付着した歯石を綺麗に取り除けば、歯周病の進行の抑制・改善ができます。

歯肉剥離掻把術(FOP)

歯肉剥離掻把術とは、歯根や歯槽骨に付着した歯石を除去する外科手術のことです。
重度の歯周病の場合、歯肉の奥に歯石が付着してしまうと通常のスケーリング・ルートプレーニングだけでは落としきれません。
その場合はこの歯肉剥離掻把術を行い、悪さをしている組織を取り除き歯周病の改善を図ります。

  • 歯肉剥離掻把術の流れ01
  • 歯肉剥離掻把術の流れ02
  • 歯肉剥離掻把術の流れ03
  • 歯肉剥離掻把術の流れ0

審美歯科

審美歯科

「銀歯が目立つ」「歯が欠けて目立つ」などのお悩みはございませんか?
そんなお悩みは、審美歯科での治療で解決することができます。
銀歯は保険適用のため安く済みますが、実はさまざまなリスクもあるのです。
当院では、金属アレルギーの方でも安心してお使いいただけるメタルフリーの素材や見た目にこだわった白い素材をご用意しており、皆さまのご希望に沿った治療をご提供いたします。

審美歯科治療を行うメリット

金属アレルギーの心配がない
銀歯の場合、時間の経過によってやがて金属イオンが溶け出し、金属アレルギーの原因になります。
金属を使用しない素材に交換することで、金属アレルギーのリスクを回避できます。
自然で美しい口元になる
美しい歯や口元は、周囲に清潔で若々しい印象を与えます。
白い歯でお口元に自信を持って笑えると、前向きな気持ちになれるため精神的なストレスも軽減されます。
歯ぐきが黒ずまない
銀歯は時間の経過とともに、唾液により金属成分が溶け出し、歯ぐきを黒ずませてしまうことがあります。
銀歯を取り除いて金属を使用しない素材を使うことで、黒ずみを防ぐことができます。

当院は、歯ぐきのラインやお口の中の美しく見える黄金比にまでこだわって行うことも可能です。

当院で扱う素材の種類

オールセラミック オールセラミック 天然歯に近い見た目で、変色しないことが特長です。
オールセラミック オールセラミック 中に金属素材、外にセラミック素材を使用している被せ物で、金属で補強をしているので耐久性に優れています。
ゴールド ゴールド むし歯になりにくく、天然歯に最も適合が良い素材です。

保険診療と自費治療の比較

保険診療と自費治療の比較
  • 自費診療の特長
    幅広い歯科治療をご提供することができます
  • 保険診療の特長
    国で定めた範囲内での治療方法、材料を使用して治療を行います。

健康保険の治療は国の保険制度によって使える材料や治療法に制限がございます。
保険診療に比べて、自費診療では機能性、審美性、持続性など様々な面を兼ね備えた治療をご提供することができます。

矯正歯科

矯正歯科

矯正治療を行い咬み合わせが整うことで食べ物が噛みやすくなったり、歯並びが悪いことで手入れがしにくかった歯も手入れがしやすくなるため、衛生的に保つことができるようになります。
また、歯並び・咬み合わせが整ってくることで、お口元はもちろんのこと、目から下の顔立ちも整うようになってきます。
審美面・機能面の両面にこだわった質の高い矯正治療を行いますので、お悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

矯正治療はいつからでも始められます

矯正治療はいつからでも始められます

「矯正治療は子どもがしているイメージがある」という方がいらっしゃいますが、矯正治療に年齢制限はありません。
成人の方でも、最近では目立たない矯正装置などで矯正治療を始める方が増えています。
当院でも目立たない矯正装置などをご用意し、快適な矯正治療をご提案させていただきます。

目立たない矯正治療

裏側(舌側)矯正

裏側(舌側)矯正

矯正装置を歯の裏側に装着することで、周囲から見ても目立たずに治療ができます。矯正の効果も表側からの矯正と同等の効果が得られることが特長です。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

透明のマウスピースで矯正治療を行う方法です。透明なため近くで見ても気付かれにくく、取り外しも可能なことが特長です。営業職や販売職など、とにかく目立たずに矯正治療をしたいという方におすすめです。

矯正治療専門のドクターによる治療

当院での矯正治療は、大学病院の矯正科からドクターを呼んで行います。
一般的な歯科医院で受ける矯正治療よりも機能面・審美面ともに精度の高い治療を受けることができますので、歯並びや咬み合わせにお悩みのある方はぜひ一度ご相談ください。

ホワイトニング

ホワイトニング

歯の黄ばみや着色でお悩みはございませんか?
ホワイトニングは、歯を削らずに薬剤を使って歯を白くできる審美治療です。
手軽に美しい歯を目指すことが出来るため、幅広い患者様に人気です。
当院では「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」の二種類の中から、患者様にぴったりの方法をご提案させていただきます。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯科医院で歯科医師・歯科衛生士によって行われるホワイトニングです。
濃度の高いホワイトニング剤を歯の表面に塗り、特殊な光を当てて漂白していきます。
色の後戻りは比較的早いのですが、即効性を求める方にはおすすめです。




  • ・1回でも効果を実感できる
  • ・歯科医師・歯科衛生士による施術のため、安全で効果的
  • ・ホワイトニング前にクリーニングを組み合わせてより効果を高めることができる

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、ご自宅でご自身で行うホワイトニングです。
歯科医院でマウスピースを作製し、そこに濃度の低いホワイトニング剤を注入して数時間装着します。
効果が表れるまでに時間がかかりますが、色の後戻りが少なくご自身の納得のいく白さまでホワイトニングができます。




  • ・濃度の低い薬剤なので安全性が高い
  • ・色の後戻りがしにくい
  • ・ご自身のペースでホワイトニングが続けられる
  • ・奥歯までホワイトニングできる

義歯(入れ歯)

義歯(入れ歯)

歯を失ってしまった場合の治療には、インプラント・ブリッジ・入れ歯の3つの選択肢があります。
その中でも最も手軽で一般的な治療法といえるのが「入れ歯」です。
入れ歯は、インプラントのような外科手術もなく治療期間も短いため、患者様にとっても治療が受けやすく安心です。
また、インプラント治療は全身疾患があったり妊娠中の方には行えないことがありますが、入れ歯はほとんどの方にご使用いただけます。

当院で扱う入れ歯の種類

レジン床義歯
(保険適用)
レジン床義歯(保険適用) 保険適用のため、安価に作製できることが特長のレジン(プラスチック)素材の入れ歯です。
保険内での治療となるため装着感や見た目の美しさにはあまり期待できませんが、装着が簡単で修理・調整がしやすいことがメリットです。
金属床義歯
(自費)
金属床義歯(自費) 床の部分が金属で作製されている入れ歯です。
金属のため食事の熱を伝えやすく、薄いため装着感も良いことが特長です。
丈夫で壊れにくいので安心ですが、金属アレルギーのリスクには注意が必要です。
ノンクラスプ
デンチャー
(自費)
ノンクラスプデンチャー(自費) 入れ歯を固定するためのクラスプ(留め具)がないタイプの入れ歯です。
軽くて柔らかいため装着感がよく、割れたり傷ついたりしにくいことが特長です。
欠損部位によっては使用できない症例もございますのでご相談ください。

当院長は大学病院にて入れ歯・被せ物に特化した講座に所属しており、難症例にも対応が可能です。

インプラント

インプラント

むし歯や歯周病で歯が抜けてしまっても「食事ができれば問題ない」と、抜けたまま放置していませんか?
歯が抜けてしまった部分をそのままにしておくと、隣の歯が倒れてきたり、咬み合う歯が伸びてくるなど、咬み合わせや歯並びに悪影響を及ぼします。
インプラントは、ブリッジや入れ歯に比べて最も自然な使い心地で、周囲の歯に負担をかけないことが特長です。ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

インプラントの構造

インプラントの構造

インプラントはフィクスチャー(人工歯根)とアバットメント(連結部分)と上部構造(人工の歯)で構成されています。
顎の骨(歯槽骨)としっかり結合することにより、ご自身の歯のような感覚になり、違和感がほとんどありません。

インプラントはこのような方におすすめ!!
  • ・ほかの歯に負担をかけたくない
  • ・入れ歯の見た目・装着感に不満がある
  • ・周囲の人に気が付かれたくない
  • ・もう一度自分の歯のように噛めるようになりたい

インプラントのメリット・デメリット

メリット
  • 天然歯に近い仕上がりで、見た目が自然
  • ご自身の歯のように噛めて食事を楽しめる
  • 入れ歯のように外してお手入れする必要がない
  • ご自身の歯と同じように歯磨きができる
  • 周囲に気付かれにくい
デメリット
  • 外科手術が必要になる
  • 歯周病のリスクが高まるため、定期的にメインテナンスを行う必要がある
  • 保険適用外のため金額の負担が大きい

歯科口腔外科

歯科口腔外科

お口の中のむし歯・歯周病以外の症状でお悩みはございませんか?
歯科口腔外科では、お口の中はもちろん、お口の周辺(舌・顎・顔面など)に起こる病気や怪我に対応いたします。
「歯医者さんで診てもらえるのかな?」という症状も、ぜひ一度ご相談ください。

このような症状はございませんか?

  • 親知らずが痛む
  • 口内炎ができた
  • 顎を動かすと痛い・音がなる
  • 口が開きにくい
  • 転んで歯を折ってしまった
  • 歯ぐきが腫れている
矢印

このような症状がございましたら、お気軽にご相談ください。
難症例の場合は、信頼できる大学病院などをご紹介いたしますのでご安心ください。

口腔外科の治療経験が豊富なドクターによる治療

当院の歯科医師は、口腔外科にて10年以上の治療経験があるため、精度の高い治療が可能です。
皆様の様々なお口の症状にご対応させていただきますので、気になる症状がございましたらぜひお気軽にご相談ください。